妊娠線の予防法

妊娠線を予防する上で、一番大切なのは保湿です。保湿をきちんとしておくことによって妊娠線はできにくくなり、もし出来たとしても最小限に抑えられるかもしれません。

一般的にお腹が大きくなり始める5ヵ月頃を目安にケアを始めると良いとされていますが、妊娠が分かった時点で始めても良いでしょう。予防専用のクリームやオイルも増えてきていて、選択肢も豊富です。
また専用のものは少し高価ですが、ドラッグストアなどで入手できるお手頃な保湿クリームでも十分に予防できたという声も聞きます。妊娠中はお肌も敏感になっており荒れやすい状態にあるので、そういったことも考慮に入れてケア用品を選びましょう。

体重を急激に増やさないよう注意することも大事です。急な体系の変化に真皮がついていけず、妊娠線ができてしまう原因になります。
つわりやつわりが終わってからの食欲の増加など、妊娠中の食事のコントロールはなかなか大変ですが、妊娠線の予防のためだけではなく自分自身の体調や胎児にも悪影響を及ぼすこともあります。もちろん栄養を取らなければもっと悪い影響が出てくることも考えられるので、しっかりと栄養はとりつつ、短期間で急激に体重が増加しないよう気を付けてください。

妊娠線の予防とケア

妊娠すると体におこる変化の中でも、特に気になるものに妊娠線が挙げられます。妊娠線は自分のお腹の中で赤ちゃんを育てた勲章!とはいえ、出来ることならない方がいい!妊娠・出産しても綺麗でいたい!と思う女性は多いのではないでしょうか。
一般的に、妊娠線は一度できてしまうと、完全に消えることはないと言われています。残念ながら完全に予防できる方法はありませんが、ケアをしておくことで最低限に抑えることはできるので、正しいケアの仕方を知っておきたいですね。
そもそも妊娠線とは何なのでしょうか。これは、急激に太ったときなどにできると言われている肉割れと同じものです。短期間でお腹が大きくなっていくに伴って皮膚も伸びていきます。
表皮はある程度弾力性がありますが、表皮の下の真皮は皮膚の伸びについていけず、断裂してしまうことがあります。この跡が妊娠線とよばれるものの正体です。

 

妊娠線の主な原因として、乾燥、急激な体重増加、ホルモンの変化が挙げられます。
まず、ホルモンについてですが、妊娠中はコルチコステロイドというホルモンの分泌が増えます。このホルモンの働きが活性化すると、ターンオーバーが抑制され、お肌の弾力が失われていくことによって、普段よりも妊娠線ができやすい状態にあるのです。
とはいえ、ホルモンの働きを意識的にどうこうすることは不可能なので、私たちが予防としてできることは、乾燥対策や急激に太らないよう気を付けることです。