妊娠線の予防法

妊娠線を予防する上で、一番大切なのは保湿です。保湿をきちんとしておくことによって妊娠線はできにくくなり、もし出来たとしても最小限に抑えられるかもしれません。

一般的にお腹が大きくなり始める5ヵ月頃を目安にケアを始めると良いとされていますが、妊娠が分かった時点で始めても良いでしょう。予防専用のクリームやオイルも増えてきていて、選択肢も豊富です。
また専用のものは少し高価ですが、ドラッグストアなどで入手できるお手頃な保湿クリームでも十分に予防できたという声も聞きます。妊娠中はお肌も敏感になっており荒れやすい状態にあるので、そういったことも考慮に入れてケア用品を選びましょう。

体重を急激に増やさないよう注意することも大事です。急な体系の変化に真皮がついていけず、妊娠線ができてしまう原因になります。
つわりやつわりが終わってからの食欲の増加など、妊娠中の食事のコントロールはなかなか大変ですが、妊娠線の予防のためだけではなく自分自身の体調や胎児にも悪影響を及ぼすこともあります。もちろん栄養を取らなければもっと悪い影響が出てくることも考えられるので、しっかりと栄養はとりつつ、短期間で急激に体重が増加しないよう気を付けてください。